集落支援

12月17日(日)三河の山里集落応援隊活動報告

北風と共に一気に寒さが到来した12月17日(日)、三河の山里集落応援隊は、新城市黄柳野地区へ「すすめの学校」のお手伝いに行ってきました。

三河の山里集落応援隊とは、三河の山里サポートデスク事業の一環で、集落活動の応援をしていただける個人に呼びかけ、草刈り作業やイベントのお手伝いなどを実施する活動です。

三河山間地域の集落等とマッチングし、集落等の望む活動を実施するとともに、交流を深めながら、集落機能の維持・活性化に繋げることを目的として実施しています。

この日は、「すすめの学校」の皆さんが育てている原木シイタケのホダ木の整理を手伝ってほしい、ということで、里山の一角に設けられた原木シイタケの栽培場所(ホダ場)での作業となりました。

まずは、シイタケ狩りからスタートし、その後、新旧のホダ木の入れ替え作業を実施しました。わが身をボロボロにしながらシイタケを育て、お役御免となった古いホダ木を撤去し、寝かされながら出番を待っていた新たなホダ木を立てかけていきます。

2本のホダ木が支え合うような形(逆V字)で組み立てていきますが、「すすめの学校」の用務員・原田さんの熟練技を見て、ただやみくもにホダ木を組んでいるわけではないことを知り、感心させられました。集落応援隊の活動からは、いつも新たな発見や学びを得ることができます。

いつもの草刈りとは違う新鮮な作業に楽しさも感じられましたが、古いホダ木の撤去はまだしも、新たに立てかけるホダ木はずっしりと重く、その運搬はかなりの重労働です。かなりの力を使いましたが、「すすめの学校」のみなさんや、集落応援隊のみなさんの力により、無事に新たなホダ木を組み立てることができました。皆さん、お疲れさまでした。春には、おいしい原木シイタケがまたたくさん収穫できたらよいと思います。

そして、黄柳野では、2月25日(日)に原木シイタケの菌打ち体験を行います。ご興味のある方は、予定を確保しておいてくださいね。

※ 三河の山里集落応援隊の活動に御興味のある方は、三河の山里サポートデスク事務局までお問い合わせください。

 

 

-集落支援

Copyright© 三河の山里サポートデスク , 2024 All Rights Reserved.