松﨑 礼子さん(岡崎市額田町)

非日常を日常に。『五感うるおう ぬかたの体験型リトリート施設』

“リトリート”とは本来「隠居」や「避難」「隠れ家」「避難所」を意味し、「仕事や家庭などの日常生活を離れ、自分だけの時間や人間関係に浸る場所で心身をリセットする」という意味でも使われる。そんなリトリートが体験できる施設を岡崎市額田地区の空き家を利用して作りたいと考える松﨑さん。

すでに岡崎市と豊川市で「STUDIO ALMA」いうヨガスタジオを経営し、心身が整った健康的な暮らしやコミュニティの形成などの提案・提供をおこなっているが、自然豊かな額田の地で、「日々の雑踏から離れ、本来持つ人間の感覚(五感)を養い、自らの人生において大切なものごとに向き合う場所」を提供することで、さらに現代人が抱える心身の問題解決につなげたいと願う。

額田の非日常的な場所で、額田の資源も用いたプログラムでリトリートすると共に、額田周辺の地域住民の皆さんが気軽に来られるようリトリートを日常的なものにしたいと、目下、空き家物件を探し中。

 

 

Copyright© 三河の山里サポートデスク , 2021 All Rights Reserved.