今枝 美恵子さん(豊田市)

任意団体 豊田市中山間地域の精神障がい者の地域福祉を考える会

障がい者が必要とされる就労支援事業所を

福祉系の大学を卒業後、精神障がい者向けの地域活動支援センターを運営するNPO法人で働いてきました。そこで痛感したのは、精神障がい者の方が日中活動できる場所があまりにも少ないという事実。特に豊田市中山間地域には、そういう場所も就労支援を行う事業所もありません。都市部へ移り住むという手もありますが、当事者にとってはハードルが高く、「親御さんが亡くなった後も、地域で生活していける場が必要なのではないか」と考えてきました。そこで、住み慣れた地域で一人ひとりが得意なことを活かして活躍できる場をつくりたいと、今回の事業を起ち上げました。福祉事業所を置く足助の魅力は、豊かな自然。例えば、耕作放棄地があることは逆にチャンスで、都会ではできない活動ができると感じています。また、山間部に住む障がい者の方には家での畑仕事などがあり、皆さん障がい者である以前に、この地域の生活者です。福祉事業所の利用者になった途端、障がい者にさせないよう、その方が自分のペースで、自分らしく活動できる場所でありたいと思っています。活動には地域から必要とされる仕事を取り入れ、その講師を地域の高齢者の方などにお願いすることも計画中です。障がい者の方が一人になっても、住民の方たちと一緒に生活し続けられる地域をつくれたら、と願っています。

平成29年4月に特定非営利活動法人「みち」を設立し代表に就任。同年5月1日には豊田市足助地区の空き店舗を活用したデイサービス型地域活動支援センター「畦道」を開所。以来、地元企業や行政からの仕事や農福連携の事業などをおこなっている。現在は育児をする傍ら、事業拡大を検討中。

Copyright© 三河の山里サポートデスク , 2021 All Rights Reserved.