有城 辰徳さん(新城市)

一般社団法人ダモンデ 代表理事

スポーツツーリズム事業の推進と小さな拠点づくり

築き上げてきた奥三河スポーツツーリズム事業。
そこから生まれたネットワークとブランディングを活かし、 さらなる推進と、自分自身の新たな挑戦のために、 新城市内にスポーツ愛好家はもちろん、それを支える家族や友人、そして地元の人々や旅行者も集えるような、 小さな拠点をつくりたいと考えています。

26年度~28年度の3年間、新城市で地域おこし協力隊として活動してきた有城さん。彼が手掛けてきたトレイルランニングのレース「DA MONDE TRAIL」は、いまや奥三河を代表する人気のスポーツイベントとして定着。全国から多くの参加者や愛好家を奥三河に呼び込んでいます。現在も様々なスポーツイベントに精力的に取り組む有城さんですが、「スポーツツーリズムを一過性のイベントだけに終わらせたくない。日常的に新城市をはじめとした奥三河に人を集め、地域の人々の生業を生み出せるようなコミュニティースペースを作りたい」と新たな挑戦へのステージを目指しています。有城さんが描く拠点とは、おいしいコーヒーと軽食を提供するカフェ。そこから生まれる、新しい産業や可能性を見つけようとしています。

起業支援終了後もダモンデトレイルやフォトロゲイニングなどの新城スポーツ事業に関わり、新城市、ひいては奥三河のスポーツツーリズム推進の一翼を担う。また2019年9月には、新城市民に愛されつつも閉店した喫茶店「ヤングキャッスル」の店舗で、屋号もそのままにカフェをオープン。メニューは一新されたが、新たな憩いや交流の場としての存在を確立し始めている。

Copyright© 三河の山里サポートデスク , 2021 All Rights Reserved.