伊藤雄規さん(豊田市下山地区)

耕作放棄地を利用したハーブ農園と市民農園の開設

愛知県豊田市で生まれ育つ。琉球大学農学部を卒業後、施設園芸機器メーカーに就職し、ビニールハウスや植物工場における栽培環境改善のための設備導入の提案営業、製品説明会の実施、設備のアフターメンテナンスなどに従事。そもそも微生物をきかっけに農業に関心を持ち農学部に進学したという経緯があるため、サラリーマンとして働きながらも、いつか自然の力を活かした自然農に関わりたいとの思いを募らせていく。そんな中、半農半Xの思想と出会い、田舎で小さな農業と好きなことをなりわいにして暮らしたいと一念発起。脱サラし、自然農を学ぶと共に、2022年4月に空き家バンクを利用して豊田市下山地区に家族3人での移住を果たした。

移住後、伊藤さんは地域住民の高齢化や人口減少によって限界集落へと向かう地元の不安や、自然豊かな土地が放棄されているという田舎の現実を目の当たりにする。「地元住民だけでは集落を維持していくことに限界があるのでは?」と伊藤さん。「関係人口を創出できる場を下山につくることで地域課題解決につながるのではないか?と考えました」。

現在、伊藤さんは空き家と共に手に入れた田んぼで自然農での自給用米作りを実践しつつ、耕作放棄地を活用し、事業としての自然農でのハーブ農園や市民農園の開設を模索中。ハーブ農園ではハーブ製品の6次化を目指す他、ワークショップの開催やレジャー的に楽しめる市民農園を通して地域外の人を受け入れることで、コミュニティの形成と関係人口の創出を図る。将来的には、コワーキングスペースやゲストハウスを併設し、ノマドワーカーが仕事しながら、また短期的に暮らしながら農業ができる環境を整備し、持続可能な地域づくりのためのプラットフォームを構想中である。

 

★現在、『とよたでつながるローカルメディア 縁側』で移住日記を掲載中!!

「ポンコツ夫の無計画脱サラ移住日記」はコチラから>>>

 

 

 

Copyright© 三河の山里サポートデスク , 2022 All Rights Reserved.