愛知県 三河山間地域の移住・起業・就業への第一歩をサポート

logo logo logo 電話番号 電話番号

ニュース

ニュース

『あいちの山里で暮らそう、働こう!移住・仕事セミナー2018』第2弾を開催しました

2018.02.19

2月18日(日)、東京・有楽町のふるさと回帰支援センターにて、『あいちの山里で暮らそう、働こう!移住・仕事セミナー2018』を開催しました。

働き方を通し、あいちの山里への移住を考えていただくこのセミナーは、去る1月7日(日)に「取り戻せ!人としての生活」をテーマに開催したセミナーの第2回目。
今回は「はたらかナイト!」と題して、都市部に近い田舎の特徴をいかして、
奥三河で独自性に富んだ新規事業を展開する4つの企業の取り組みを紹介しました。

プレゼンターとしてご登壇いただいたのは、化粧品のファンデーションの原料であるセリサイト(絹雲母)を採掘・精製、加工し、世界シェア約50%を誇る東栄町の三信鉱工(株)取締役社長・三崎順一さん。
新城市からはフクロ型オブラートの国内シェア90%を占める瀧川オブラート(株)代表取締役・瀧川紀幸さん。
そして、バイオテクノロジー技術で愛知の養殖鱒ブランド「絹姫サーモン」を誕生させた設楽町の愛知県淡水養殖魚業協同組合常務理事・米花晃雄さん。
豊根村でチョウザメ養殖に奮闘する豊根フィッシャーマーズの久保田智也さん、以上4名の方々。

皆さんそれぞれに、地域の特色や地域との関係性と共に、あいちの山里だからこそ育まれたオリジナリティーあふれるイノベーションな取り組みをたっぷり語っていただきました。

トップに戻る