愛知県 三河山間地域の移住・起業・就業への第一歩をサポート

logo logo logo 電話番号 電話番号

ニュース

ニュース

東京・有楽町にて『あいちの山里で暮らそう、働こう!移住・セミナー』開催しました!

2018.01.08

1月7日(日)、東京・有楽町駅の真ん前、東京交通会館の[ふるさと支援センター]にて、
『あいちの山里で暮らそう、働こう!移住・仕事セミナー』を開催しました。

あいちの山里での働き方を通し、移住を考えていただくセミナー、
第1回目となる今回のテーマは、“取り戻せ!人としての生活”。
あいちの山里でなら、多様な働き方の選択ができ、自分らしく暮らす、理想的な人としての生活ができるのではないか?
そんな、あいちの山里での魅力あふれる働き方、暮らし方についてを@FMのパーソナリティー・川本えこさんの司会進行でプレゼンテーションしました。

まずは、宝島社「田舎暮らしの本」編集長、柳順一さんによる「田舎での働き方改革」についての講演会からスタート。 「田舎は日本の未来であり、そこにこれからの働き方のヒントがあるかもしれない」と、全国の様々な移住者の働き方について紹介していただきました。その中では三河の山里起業実践者・河原和明さんの実例もお話しいただきましたよ。 その上で、「地元のニーズを仕事にしている彼らは皆、仕事がその人の生き方の表現になっていて、お金では計れない価値を感じ充足した人生を送っている。もはや、働き方改革というレベルではなく働き方革命!そして自然と生き方革命になっている」と柳さん。「そんなすごいこと、自分にはできないと尻込みする人も多いが、でも、彼らの最初の一歩は皆、人との出会い。だから、まずは気軽にあいちの山里に行ってほしい」とまとめてくださいました。

続いては、あいちの山里プレゼンターによるセミナー。豊田市稲武地区でユニークな働き方改革に挑むトヨタケ工業(株)代表取締役社長・横田幸史朗さん、東栄町に移住し体験型ゲストハウスdanonを営んで、豊かな田舎暮らしを発信しつつ、地域と域外の人々を繋ぐ金城愛さん、そして、岡崎市額田地区で地域の資源を活かした施設で地域の活性化を目指すWOOD DESIGN PARKの亀崎雄介さんら、実際にあいちの山里で革新的な働き方を実践する皆さんそれぞれの職場環境や働き方、地域との関わり方、地域の魅力などをプレゼンしていただきました。

その後は、会場の聴衆を巻き込んでのトークセッションへ。あいちの山里で働く、暮らすことの便利さ、不便さ、あいちの山里だからこそできたことなどを司会のえこさんと御三方が熱〜く語りあって、あいちの山里の魅力、ポテンシャルを伝えました。
会場に来てくださった多くの皆さんにも、あいちの山里で暮らすことのおもしろさ、感じていただけたのではないかと思います。

このセミナーの模様は、後日、@FMでOA予定!
詳細はまたお知らせしますので、お楽しみに!

なお、2月18日(日)17:15〜は、第2回目の移住・仕事セミナーを予定しています。
“はたらかナイト!”をテーマに、「都市部に近い田舎」という特性を活かして 独自性に富んだ新規事業を展開するさまざまな企業をご紹介します。 あいちの山里だからこそ育まれたイノベーション展開のお話がいっぱいの、楽しく、ためになるセミナー!参加無料!
あいちの山里で働きたい!暮らしたい!という方はもちろん、あいちの山里のことは知らないけど、田舎暮らしがしたい!移住したい!働き方改革、生き方革命したい!という皆さんも、移住先候補の参考に、ご家族、お友だちなど、お誘いあわせの上、ぜひご参加ください‼︎

トップに戻る