愛知県 三河山間地域の移住・起業・就業への第一歩をサポート

logo logo logo 電話番号 電話番号

イベント

イベント

稲武トークセッション開催決定!「自転車の宿場町としての可能性を探る」

2020.02.07

稲武トークセッション「自転車の宿場町としての可能性を探る」

日時:2020/03/08(日)

場所:稲武町自治区会館(豊田市稲武町寺下9-6)

主催:三河の山里サポートデスク×OPEN INABU実行委員会×一般財団法人 古橋会

電話:三河の山里サポートデスク 0536-32-6100(平日10:00~17:00)

 2020年3月8日(日)、三河の山里サポートデスク×OPEN INABU実行委員会×一般財団法人古橋会によるトークセッションを稲武で開催します。
 稲武の地域資源を活かした働き方の提案としてマウンテンバイクガイドを社内兼業として実践するINABU BASE PROJECTを発信してきたOPEN INABU。
そして、稲武に300年続く豪農古橋家の名の下、地域の伝統継承や殖産興業、社会福祉に貢献してきた一般財団法人古橋会。
それぞれの立場や活動の過程で、地域の発展に興味を持つ多くの方々とつながりを作ってきた両者と三河の山里サポートデスクの強みをいかし、中山間地のモデルとなるべき姿などの議論を、3つのテーマで行います。

 まず最初は、松本潤一郎さんによる基調講演。
さらにOPEN INABU実行委員会代表・横田幸史朗さんとZIP-FMのDJ・小林拓一郎さんを加えての3人による座談会も行います。松本潤一郎さんと小林拓一郎さんは2016年に同じく稲武で開催したトークショーの再来メンバーでもあります。それぞれのBefore Afterなど面白い話も聞けそうです。
 また後半は3テーマに分かれてのグループ討論。地元の方、域外の方、半々となるような多様性を尊重しあいながら建設的な場となることを期待しています。
 そして、討論のまとめは、グラフィック・レコーディングの松井大さんにお願いし記録として残るものにしたいと考えています。
 トークセッション終了後終了には交流会も予定しています。Y.Marketの山本社長直々にご持参いただける稲武スペシャルクラフトビールの試飲もできますよ!

 是非、クリエイティブでありながら、地域創生の実践者たちのお話を聞いていただき、皆さんにも参加していただければと思います。

★参加のお申し込みはコチラから>>>
<スケジュール>
13:00- 受付開始
13:30-15:00 MTBコース・旧稲武町街道視察(希望者)
15:30-16:00 【記念講演】松本潤一郎
16:00-16:30 【座談会】松本潤一郎×横田幸史朗×小林拓一郎
16:30-16:40 休憩
16:40-17:00 ピッチ(グループ討論プレゼンテーション)
17:00-17:45 グループ討論
【働き方先進地でワークライフの実践】
   OPEN INABUの現状、ファブカフェ事業構想/横田幸史朗
   ウッドターニング技能者の育成/松島周平
【エリアリノベーションでまちが変わる】
   全国の空き家改修の現状と展望/坂本大祐
   稲武での実践報告/hi-bi建築チーム(松島知美・KEINEN・ツナアーキテクツ)
【稲武の資源はタカラモノ】
   繭事業の未来/古橋真人
   農産品を活用したオリジナルクラフトビール展望/山本康弘
17:45-18:15 発表・まとめ:グラフィック・レコーディング 松井大
18:30-21:00 交流会(会場:ヒトトキー人と木ー)

トップに戻る