愛知県 三河山間地域の移住・起業・就業への第一歩をサポート

logo logo logo 電話番号 電話番号

起業実践者紹介

起業実践者

市村美奈子さんサムサラ自然農園【新城市】

自然農法のお野菜を通して心と身体を美しく豊かに

 東京生まれの横浜育ち。東京都心で10年以上働くも、ある日突然、農業に目覚め、静岡の農業法人で自然農法の米づくりと野菜づくりを3年間学ぶ。2018年3月に新城市に移住。独立して「サムサラ自然農園を」開園し、あいちの伝統野菜や在来種を中心に自然農法で露地栽培している。収穫した野菜はマルシェやイベントなどに積極的に出店し販売。野菜セットの全国直送販売もおこなっている。
 環境や人体への負担に配慮し、農薬や化学肥料などは使わないため、常に環境や気象条件、獣害といった自然との闘いでもあるが、旬など自然の循環を大切に育てられた野菜は「味が濃く、素材本来のおいしさが味わえる」と消費者からは好評。顧客やリピーターも増え続けている。
 2019年1月には、東京時代におこなっていたケータリングの経験をいかし、サムサラ農園の野菜を市村さん自身が調理し提供するイベントを主催。小さいお子さんを持ち、自然食への関心が強いママたちで賑わった。
 今後はそうした主催イベントも増やしていく予定。また、すでに始めているSNSでは、リアルタイムな畑の様子や収穫した野菜の情報はもちろん、その野菜の食べ方や効能の発信もより充実させていきたいと考えている。
 市村さんが自然農法での野菜づくりにこだわり、イベントや直売の出店、SNSでの発信を通して伝えたいと思っているのは「食べる楽しみや大切さ」。それを生産者みずからが消費者に直接伝えることが大切だと市村さん。その根底には、摂食障害を食で改善したという市村さん自身の実体験から感じた食の持つ力で、人の健康や地域の環境を守りたいという思いと、食が世界を変えられる!という強い信念が宿る。
ちなみに農園名に冠した「サムサラ」はサンスクリット語で「永遠の再生・輪廻」を意味する。

●サムサラ自然農園 Facebook
@samsara_natural_farm

●サムサラ自然農園 twitter

トップに戻る